日々ラジ欲 Next

日々物欲の海を漂ってます(^_^;

美味

弁当が
意外に美味く
驚いた

地産地消
ども、mshimiです!
工場内で作っているらしい

とまぁそんなわけで、
パナソニックレッツノート工房2014に参加してきました。

P8230154_640.jpg

この日は子供達も朝からワクワクドキドキ♪
家を朝7時半に出発、近畿道から中国道、山陽道という道順で行きました。
9時前には到着できると予想してましたが、、
忘れてました、宝塚の渋滞を(^_^;
結果9時20分頃に到着となり、
9時半開始にギリギリセーフといったところでした。

到着するとすぐに用意してくれている綺麗なスリッパに履き替え、受付に。
受付では名前や構成内容の確認等々を行い名札やスケジュールなどを受け取ります。
そして、次に家族写真を撮ります(笑)
なぜにいきなり家族写真??と疑問に思ってましたが、
その理由は帰宅直前にわかりました。

撮影が終わったら、参加する長男はネームプレートが置かれた座席に着席。
保護者達は後の席に適当に着席。
みんな、開始はまだかまだかといった楽しみが全面に出ている感じでした。

ちなみに、、
保護者のお父さん達の見た目としましては、、
すいません、日本橋やアキバが似合いそうな方が殆どでした。
はい、自分も含め。。(笑)
やっぱりパソコン好きな人じゃないと、
こういうイベント申し込まないですもんね。
とりあえずファッションリーダーは不在でした(笑)

と、それはさておき、
いよいよイベント開始。
主催側の挨拶や、博士?ぶー??よく覚えてませんが、寸劇等々があり、
参加者をぽか~んとさせます。
で、気を取り直したところで、
組み立て場所へ移動します。

組み立て場所には2名に対し1名の工場の方が配置され、
先生役として組立のお世話をして頂きます。

そして机には、半完成?状態のCF-SX3、そして今回組み込むパーツ類、
ビス類、シール類などが、綺麗に配置されていました。

組み立てそのものは、全員で足並みを揃えながら進めていきます。
どれも組み付けやすいパーツばかりなので、特に問題無く組み立てていける状態。
細かな作業になるのかどうかわかりませんが、
配線の取り回しなどは多少気を遣わないといけない部分だったのかなと思います。

で、用意されているパーツをどんどん取り付けていったら、
あとはどんどんビスで締める作業。
電ドラは用意されていないので、それぞれのビスの頭にあったドライバーで締めていきます。
もちろん、組み立て途中もそうですが、このビスの締め方も逐一先生役の工場の方が
チェックをしてくれていて、ほんのちょっとでも舐めたかな?っていうビスでも、
それをすぐに見抜き、新しいビスに交換してくれていました。
その指先感性はさすがといった感じでした。

と、そうこうしているうちに、あっという間に完成♪
充電済のバッテリーを装着し、
全員でスイッチオ~ン!
Panasonicのロゴマークが出て一安心でした(笑)

そして、起動したらすぐに動作チェックに入ります。
Windowsの動きを確認というわけではなく、
あくまでもハードの確認。
カメラが使えるか、キーボード全てのキーが入力受付するか、
クリックボタンの反応は大丈夫か、
ドライブの書き込みが正常にされるのか、、、等々

無事それら動作確認取れた段階で、組み立てイベント終了となります。
あとは工場の人に任せて、帰宅持ち帰りまでにさらなる動作チェックが行われてました。

で、工場の人たちに動作チェックをしてもらっている間に、、
まずはお昼ご飯。

事前に参加者数や大人用子供用を伝えているので、
その内容通りのお弁当が用意されていました。
で、その弁当、
説明によると地産地消とのことで、さらに工場内でメニューを考え作っているとのこと。
よくある配送されてくる弁当とはちがい、
どれも非常に美味しく、子供達も喜んで食べていました。
さらには、ドリンクやプリン、ゼリー等々、
大人も子供も食事を楽しめるようにしっかり配慮されていました。

そして、この食事の間には、午前中の組立の様子をプロジェクターで流したり、、
工場内の匠による組み立て時間の早さを披露したりと、
飽きさせない工夫もしっかりとされていました。

で、食事のあとは工場見学にうつります。
まず最初にショールーム的なところで、
レッツノートの歴史や強度についてなど、
様々な説明をしてくれます。
それらを聞いてからいよいよ工場に潜入します。
まずはいきなりラインを見るのではなく、、、
ESPECの環境試験器を見学、体験します。
要は、、、
寒いところ、暑いところ、、、ですね。
半袖Tシャツのままマイナス・・・何度か忘れましたが、
その寒い部屋に入ったり、逆にこんどは確か50度か60度の暑い部屋に入ったり・・・
そういったテストをちゃんとやってますよってなことを体験させてもらえます。
で、そこを過ぎると今度は水圧試験です。
これは通常のレッツノートでは耐えることができないので、
タフブックが用意されてました。
実際にこのタフブックに対して、放水をします。
結構な勢いでかけますが、タフブックは平気ですよってな具合です。
次は落下試験。
これもタフブックで試験されてましたが、、、
普段、パソコンを落とそうものなら、ものすごくドキドキするだけに、、
バン!って落下する姿はあまり見ていて気持ちの良いものではないですね(^_^;
みなさん、丁寧に扱いましょう。

で、落下実験の場所をすぎたら、今度はハード、ソフトから離れ、
サービスの部署見学に。
はい、工場内に設置されているコールセンター、
そして、サービス(修理)センターです。
こちらは共にガラス越しに見るだけです。
土曜日ということもあり、コールセンターにアサインされているエンジニアはたったの2名でしたが、
ヘッドセットをつけて、何らか対応されているみたいでした。
もともとコールセンターの仕事をしていただけに、
なぜ2名なんだろうとか、、
2名だと、エスカレーションされた内容だけ受けているのだろうかとか、、、
変に興味がでました(笑)

と、それはさておき、
次に、ようやくライン向上の見学にうつります。
私の勝手なイメージで、
海外で作られたパーツをどんどん組み付けているだけだろうと思っていたのですが、、
マザーからしっかり作っていたんですね(^_^;
ラインに入っていきなりが、そのマザーをどんどん作り上げていく工程。
ロボット達がものすごい速さでいろんなチップ類を取り付けたりして、
せっせと働いていました。
そしてその出来上がったマザーの検品もロボットで行っており、
ラインの中では殆ど人が不要ってな感じになっていて関心しました。
ちなみに組み付け段階の精度もかなり高いらしく、、
検品でひっかかるものは殆ど無いとのことでした。
このあたりコストにも響くでしょうから、、さすがって感じですね。

で、このラインを見たあとですが、、
長男達参加者はアクティブスピーカのハンダ付けにチャレンジとなります。
いつもラジコンいじりでハンダ付けを見せているだけに、、、
やったことはなくても、まぁ無難に作業していました。
ちなみにこのスピーカも持ちかえることになります。
長男達参加者は次に4Kタブレットで少し遊んで、、

クエスト無事終了!

最後にもう一度全員で集まり、
作った本体等々受け取って、
挨拶を聞き、終わりとなりました。
参加された皆様、お疲れ様、といったところでしょうか。
あ、そうそう、この受け取りの時に最初に撮った家族写真の意味がわかります。

レッツノート工房、初めて参加させて頂きましたが、、
パナの人たちの対応が非常に丁寧で私としては好印象。
ついてきた兄弟達を暇にさせないように、
電池作りや団扇作りなどのイベントも用意されていて、
何度もこの工房を開催しているというノウハウ、なかなかのものでした。

今回、手持ち機種の後継ということで、
なんとなく応募して、いきなりの当選となり・・・
正直12万円はきつかったものの、、、
子供達には普段の生活では体験できないことを体験させてあげることができ、
またほんの少しでもモノ作りを楽しんでもらうことができて、良かったかなと思ってます。

ただ、、、
手持ちのSX1を売って今回作ったSX3に乗り換えるぞ!!
という計画でしたが、、、
長男が、「絶対に僕のモノ!」と手放してくれず、
乗り換えできなかったことが残念です。。。(^_^;
ま、またなんか別のを買おうっと。。

と、長々とお付き合い頂きありがとうございました。
記憶力低下につき、備忘録として書いておきました(笑)

では、早く秋になってくれ!ってな火曜日、スタートです♪

ちなみに、PCWatch記事の手元写真のいくつかは長男の手です♪って、親にしかわからんか
  1. 2014/08/26(火) 06:05:47|
  2. 日記
  3. | コメント:2
<<始動 | ホーム | 蜘蛛>>

コメント

やっぱりファッションリーダーが参戦しないと駄目ですね~(笑)

でも子供にはいい思い出になったんでは!?
  1. 2014/08/26(火) 07:33:27 |
  2. URL |
  3. てつっち #-
  4. [ 編集]

てつっちさん、まいど~
そうですね、美女も含め華やかさが必要ですね(笑)

長男は終始楽しそうに過ごしていて、見ている僕も一安心といったところでした。
次男3歳児も、パナの人たちにチヤホヤしてもらって上機嫌でした(笑)
やはり小さな子がいるっていうのは、何かと場が持ちますね♪

こんどは長女がほしがるのかな・・・・
  1. 2014/08/27(水) 06:29:20 |
  2. URL |
  3. mshimi #7oBtXADM
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

mshimi

Author:mshimi
ラジコン初心者の日記です

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

タグ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

カウンタ


アクセスアップ